解体工事で起きる事故の種類

未分類

解体工事では事故が起きることがあります。

このページでは、解体工事で起こる事故にはどのようなものがあるのか、解体工事で起こる事故の種類をご紹介します。

近隣住宅の破壊

工事中に作業員の不注意で近隣住宅を破壊してしまう事故です。

近隣の家やフェンス、塀などを破壊してしまうことがあります。

重機による事故だけでなく、手作業による作業中にも起きることがあります。

近隣住宅を破壊してしまった場合は、近隣住宅の在住者の立ち会いの元、補修する方法を検討することになります

重機や車との衝突

解体工事に使っている重機や車と、通行している人などが衝突してしまう事故です。

重機と衝突することで通行人にケガを負わせてしまいます。

工事中の作業員は作業に集中するため監視役が必要ですが、コストダウンのために監視役を省いてしまうことで起きます。

足場からの転落

作業員が高い場所で作業中している時に、足場から転落してしまう事故です。

落下の原因が過労による集中力の低下であった場合は、企業での労働管理が不足していたことを原因に責任を問われます。

他の作業員も同じ状況にあることが多く、他にも事故が起きる可能性が高いです。

外壁の倒壊

解体中の外壁が倒壊してしまう事故です。

通行中の車や人が下敷きになってしまう可能性があります。

不安定な外壁は固定しておく必要があります。

足場の倒壊

解体工事のために建物の周りに組んだ足場が、倒壊して倒れてしまう事故です。

外壁の倒壊のように、通行中の車や人が下敷きになってしまう可能性があります。

足場の固定が不十分だと強風に耐えられずに倒れてしまいます。

ガスで爆発

工事中にガスが爆発してしまう事故です。

ビルの解体作業中に不注意によりガス管を切断したりすることでガスが漏洩し、引火源に引火し爆発することがあります。

アスベストの飛散

アスベストを近隣に飛散させてしまう事故です。

対策をしなければアスベストを近隣に飛散させることになります。

アスベストがあるにも関わらず、コスト削減のために対策を省いて解体してしまうことが原因になります。

まとめ

解体工事で起こる事故の種類をご紹介しました。

解体工事では事故が起きることがあります。

解体工事で起こる事故にはどのようなものがあるのか知り、解体工事で起こる事故を防ぐための対策に活かしていくことが大切です。

解体工事で起こる事故の防止に、今回ご紹介した内容を役立てていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました